あじつけのり日記

fingersize.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

すっきり

c0055527_22315486.gif


敵の配置がほぼ完了。敵のパラメータはまだデタラメ。
パーティメンバーも適当。

問題となっていたプログラムは今後の時間の短縮のため、
もっと簡潔に分かりやすくすることにしました。
それで改造してみた所、元のプログラムの半分以下にすることができました。

現在、新しいプログラムを全ての敵グループに適応させている最中です。
これで敵の追加が大分楽になりました。
[PR]
by fingersize | 2006-07-17 22:35

色々

7日の記事で作成したダンジョンに敵を配置中。
Pictureフォルダに入っている画像達とにらめっこしながら、
ここでどの敵を登場させるのか考えるのは面白いのですが…

敵キャラのパラメータ
(能力値、属性耐性、状態耐性、人型やドラゴンなどのタイプ、
名称[一文字ずつ設定]、サイズ、落とすアイテム、落とす確率、盗めるアイテム、盗める確率)

敵グループの作成
(隊列、画像、敵のデータ読み込み、敵ID)

新しい技の作成
(突進やねこキック等の敵専用技が必要であれば作成)

行動パターンの設定
(それぞれの行動パターンの発動率、
条件によって変化する行動パターンがあるならそれに対応)

マップに敵を配置
(出現率、敵グループの読み込み)

僕の作り方が悪いせいで、これだけのことをやらなければならなく、
敵を作成して配置するまでの時間がかかりすぎてしまうのは大きな欠点です。
今からでもこの部分を作りやすいように大改造しようか…


ところで、某所で色々ご意見を頂いていますが、
完成しそうな気配がしないというのは、
正直そう思われても仕方がないと思うので否定はできません;
僕自身、完成させられるかどうか絶対約束できるというものではないと思っているので、
期待していただいてもらっている方々には非常に申し訳ないのですが、
「できたらいいな」ぐらいに思っていただけると幸いです。


それと、何故このような作品を作るのかといった話も出てましたので、
この作品を作るにいたった経緯についても少し。
今から約4年前に、FINALFANTZYという作品、通称「FFZ」をプレイしまして、
そのFFのキャラクター達が競演するという形、
FFのいくつかのシリーズのあらゆるストーリーが組み込まれた形にとても大きな魅力を感じ、
とても楽しくプレイさせていただきました。

そのFFZをプレイしていく中で、ここがこうであったならもっと面白くなるだろうなと思う点がいくつかでてきました。
あ、決してFFZが悪いと言ってる訳では無いですよ。念のため。

その思った点なのですが、例えばFFZはRPGツクール2000のデフォルト戦闘を起用していましたが、
この戦闘シーンが本来のFF戦闘であったなら、もっと面白くなるだろうなという点。
今でこそ、DF2やFFZ2等のすばらしい自作戦闘システムの作品が存在していますが、
今から4年前は、自作戦闘のクロゲというのは普及していませんでした。
また、もっとマップや町の住人に統一感があったら雰囲気がでるだろうという点から、
もっと多くのシリーズからキャラクターを出せたら、
もっと別のストーリーのパロディもあったら、という点まで色々ありました。
それで、そのいくつかの点がまとまってきて、それならば自分で作ろう、と思い製作を開始した訳なんです。
これらの点は自分だけでなく、そう思っていた方も他に多かったと思うので、
きっと皆さんも求めているであろう物だと思いました。完成したらきっと面白くなると。
それも理由のひとつでした。

そういう訳で、以上の考えを実現化させるような感じで現在も製作を続けています。
今は色々なかたがたがクロゲを製作なさっていて、すばらしい作品も沢山生まれ、
上記で上げた点もいくつか満たされているのですが、
まだ「純粋なFFだけの自作システムのゲーム」というのはまだ完成してないと思うので、
その点を実現できればいいかなと思えています。
他のゲームの素材を使わないことにこだわっているのも、そういう点からです。
まあ、そういう点が満たされていても、いまさら引き下がれなく、
自分でも完成させたいので製作は続けますが。
[PR]
by fingersize | 2006-07-12 19:45

イベント関係が面倒になったので

いったん放棄してダンジョンを製作中。

c0055527_212507.gif


FF5の山のマップチップで体験版では入れなかった某山の製作を進めています。

FF6の場所なのに、なぜFF5のマップチップなのか。
それは、FF6の山のマップチップが物凄く複雑で自分には到底組めないからなのです。
これでよく本家はマップが作れたと思います。やっぱりFF6は神ドットです。

山の内装はFF6のものなのですが、これもまたかなり難しいです。
ジョニー氏の素材を見てマップのつなぎ方を参考にしながら、オリジナルマップを作っています。
これでできるとはジョニー氏はやっぱりすごいと思います;
[PR]
by fingersize | 2006-07-07 02:17
line

製作中のゲームのスナップを公開している場所だった。


by fingersize
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31